Google Admin Toolbox

Google Admin Toolbox を使用して Google Workspace サービスで 発生した問題のトラブルシューティングを行います。

open_in_browser    ブラウザの問題をデバッグする

Browserinfo は、クライアントサイドの情報を取得するためのブラウザベースのデバッグツールです。インターネット上での動作に影響を与える可能性のある情報を明確に得ることができます。

Useragent はユーザー エージェント文字列を分析するツールです。

dns    DNS の問題を確認する

Check MX は手軽に使える DNS 確認ツールで、MX レコードの設定におけるよくある間違いをチェックできます。

Dig は Unix の dig コマンドに相当するウェブベースのツールとして使用できます。

insert_chart    HAR ファイルとログファイルを分析します

HAR Analyzer では、取得した HAR ファイルを分析できます。

Log Analyzer では、Google のサービスで生成されたログファイルを分析することができます(Chrome、Google Workspace Sync for Microsoft Outlook、Google Cloud Directory Sync を含む)。

Log Analyzer 2 は、Google のサービスで生成された大きなログファイルを開き、一般的な問題を診断するツールです。

email    メールの問題を調査する

Messageheader では SMTP メッセージ ヘッダーを分析でき、配信の遅延の根本的な原因を特定するために役立てられます。誤って設定されたサーバーやメールのルーティングに関する問題を検出できます。

その他のデバッグツール

その他のツール は Google Workspace サービスのデバッグに役立ちます。

Encode / Decode はウェブ関連の問題をデバッグするのに役立つエンコードとデコードの機能を提供します。